不特定多数の男性とのセックスを好きなだけ堪・出来るのです

公共の公園、サウナ、トイレ、映画館などには、ゲイが性行為を行う目的で足を運ぶ出会いの場=ハッテン場と化しているゾ−ンが見られます。
ですがそこが果たしてハッテン場なのかどうかは、一見して判断出来る訳でもなく、あくまでゲイの間での認識となっています。
ですから実際にはゲイに尋ねるなりネットなどで確かめるなどの作業が必要となるのです。

ハッテン場は基本総じて薄暗く、男性が1人で踏み入ると、相手が近寄って来て身体や股間に手を伸ばして来たり、目で合図を送ってきます。
ですから流れに任せておけばセックスが可能となるのです。
本来の目的のための施設では無い空間で、男性同士が性行為に没頭している状況は、ズバリ「カオス」と表現出来てしまうのです。
ですがハッテン場での出会いはダイレクトにセックスに直結しているので、恋愛感情を含んだ出会いはここでは期待出来ません。

そしてハッテン場の中には有料の場所もあり、公園や映画館とは異なり、完全に最初からゲイ同士の出会い目的のスペ−スとして整えられているのです。
店は一般の人達からは判り辛いマンションの一室なので、利用料金は1000前後に設定されていて、時間制では無いので好きなだけ滞在出来るのです。
シャワ−、トイレなども有るので簡易ホテルとしても利用可能で、その中は迷路のような通路となっていたり、個室内に毛布が敷き詰められ、
「セックスするための環境」が整えられているのです。
そんな有料ハッテン場に於いては、不特定多数の男性とのセックスを好きなだけ堪能出来るのです。
ですが昨今のインタ−ネットの進化発達で、わざわざハッテン場に出向かずとも出会いが可能となって来ているため、ハッテン場は衰退傾向なのが現状なのです。

Comments are closed.